札幌パソコンかけこみ寺のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

そろそろ花粉症の症状が出始めて、鼻声になっている住職の大沢です。お電話で鼻声だった場合はご容赦ください^^;

さて、本日のご予約状況ですが、おかげさまで、ほぼ一杯の状況となっております。

夕方のお持ち込みでしたら若干空いておりますので、もし、ご希望の場合はお電話・・・なんですが、かなり混み合っているため、折り返しのご連絡予約になり、折り返しのお時間が遅くなる場合がございます。

TEL011-596-9914

お電話が繋がりにくい場合、お急ぎでなければメールでのご連絡のほうが確実です。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

フォルダがファイルに変わってしまい見られなくなった

カメラでの動画や写真撮影をした場合、保存場所は「DCIM」というフォルダになるケースが多いのですが、このフォルダが突然、上の写真のように真っ白いファイルになってしまい、中身を見ることができなくなる場合があります。

この減少、DCIMフォルダでなくても、色々なフォルダに起きる可能性がある現象なのですが、今回はGoProに挿したMicroSDカードのケースです。

何らかの原因でMicroSD内部の情報が、フォルダをファイルだと誤認識してしまっている状態で、じゃあ中身はどこへ????といった状況です。

この障害がデータ本体に影響を及ぼしていなければ、MicroSDのどこかに動画や写真のデータ本体は生き残っているので、上手くそれを見つけてあげればデータ復旧完了なのですが、このケースはデータ本体にも障害が及んでいる可能性があり、その場合、動画ですと再生ができない、ノイズが走る、途中で終わるなどといった再生不良を起こすファイルが発生する場合があります。

データ復旧率はデータ復元プログラムが、いかに高度な性能を持つかにかかってくる案件です。

特に動画は写真と違って、連続したデータの集合体なので、数コマでも抜け落ちていると再生ができない場合もあります。最後の1コマまで確実に復元できるプログラムじゃないと、ほとんど復元できないケースもありますのでご注意ください。