札幌パソコンかけこみ寺のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

最近、マルちゃん焼きそばシュウマイがちょっと気に入っている住職の大沢です^^;期間限定らしいので、スーパーに行った際には是非。

本日の日記では、パソコンが壊れていると嘘の表示をして電話をかけさせパソコンを遠隔操作する悪質な手口について書きますが、その前にご予約状況です。

本日のご予約は埋まってしまったため、ゴールデンウイーク前の通常営業は明日のみとなりますが、明日は持ち込みのみの受付となります。

ただし、連休に入るため、お預かりな必要な修理やデータ復旧を承ることができません。

必ずお電話にてご確認をお願い致します。

TEL 011-596-9914

4/27 ×
4/28 △(持ち込みのみ・お預かり不可)
4/29 休業日
4/30 休業日
5/1 ×お問い合わせ不可
5/2 ×お問い合わせ不可
5/3 休業日
5/4 休業日
5/5 休業日
5/6 休業日
5/7 休業日
5/8 ×
5/9 △通常予約可
※5月1日・2日はご依頼中のお客様のみの対応となります。

連休明けの5月8日もご予約が埋まっておりますのでご容赦ください。

コンピュータウイルス感染で遠隔操作されたPCの修復

数年前から横行している、俗に言う「詐欺プログラム」というコンピュータウイルスがあります。(上の写真はセキュリティソフトMcAfeeで詐欺ソフトではありません。詐欺ソフトにやられたパソコンのセキュリティチェックをするために用いた時の画像です。)

いつの間にかパソコンにインストールされ、「コンピュータにエラーがあります」などの表示をして、「直したい場合は有料版を購入してください」とお金を支払わせる手口ですが、もちろんパソコンにエラーがあるというのは嘘。しかし、騙されてお金を払ってしまう方が非常に多い代表的な詐欺の手口です。

最近では、電話番号が表示され、そこに電話をかけさせる手口も増えており、電話をかけるとオペレーターの誘導で遠隔操作ソフトをパソコンに入れさせられ、勝手にパソコンの中を弄られるということが増えています。

この場合、遠隔操作後に使用された遠隔操作ソフトが残されているケースがあるので、残されている場合は削除が必要なのですが、それ以上に怖いのが遠隔操作で何をされたか?です。

もしかすると個人情報やIDなどが入ったファイルを盗まれているかもしれませんし、別なウイルスを仕込まれているかもしれませんし・・・ただ、遠隔操作で何をされたかまでは調べるのは、内容によってはかなり難しいのが実状です。

パソコンは最悪、初期化すれば元通りになるかもしれませんが、盗まれたものは取り戻すことはできません。

遠隔操作という見知らぬ第三者にパソコンを勝手にいじらせるようなことを同意することは絶対に避けましょう。