札幌パソコンかけこみ寺のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

今だにタイヤ交換していない住職の大沢です^^;

そんな事情があり、本日午前中はタイヤ交換のため不在となります。お問い合わせの折り返し連絡は午後以降となり、午後以降のお持ち込みでしたら即日対応可能です。お電話にてご相談ください。

出張サービスにつきましては明日以降の日時にてご予約可能です。

TEL011-596-9914

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

暖かくなってくると、お問い合わせで「PCサポート業として独立起業したい」というご相談をメールで頂くことが増え、先日も、以前に利用していたFC2ブログの記事を見てご相談をいただきました。

パソコン修理屋で起業したいなら悪質な同業者の逆を行け!
http://pckakekomi.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

※今、ブログはここで書いているので、FC2は更新していない状態です。

ご相談いただく皆様に共通した内容なのですが、PCサポート業をやれるだけの技術力が自分にあるか?ということで悩まれている方が非常に多いです。

もちろん、独立起業して食べていけるのか!?という悩みはPCサポート業にかかわらず誰しもが持つことなので、とりあえずここについては割愛して、「技術力」というところについてお話したいと思います。

正直申し上げて、技術力はあとからいくらでも付いてきます。

起業すればお客様の要望するサポート内容にどれだけ応えられるかが重要ですし、それに応えるための技術力というのは「趣味でパソコン弄っていて詳しい」という知識とはまた違うものがあります。

例えばパソコンのハードディスクが壊れたという修理内容にしても、趣味の範囲内ではただ交換してOSを載せ替えれば済む話ですが、一般のお客様はそういうわけにはいきません。

HDD交換をした場合のリスクやデータの取扱など、一つ一つの項目をお客様と確認しながら納得した上での作業じゃないと、「こんなはずではなかった」というクレームにつながります。

つまり、PCサポート業としての「技術力」は、実際に起業してお客様と触れ合わないと身につかない分野の技術力です。

PCサポート業として独立したいと思っている方は、当たり前ですがパソコンの知識は一般の人より詳しいから、独立したいと思っているはずです。ということは、ある程度の技術を知識として持っている前提なので、大抵の方は独立しても問題ない力を持っています。

問題は、機械を相手にする技術力と、お客様を相手にする技術力は違うということです。そして、お客様を相手にする技術力は独立起業しないと身につきません。

機械相手の技術は、実際に自分で道具揃えて、ネットを調べればすぐに身につきます。独立してからでも、いくらでも身につきます。

ですので、PCサポート業として独立したいと思ってる皆さん。

独立してください(笑)

悩むのはそれからです!

「始めることは簡単」なんです。

難しいのは「続けること」です。

始めることにに躊躇していては、その次の「続ける」というもっと難しい問題を解決することはできないと思います。

あと、もう一点だけ・・・

ご相談に来る皆さんは技術力ばかりを心配しますが、本当に心配しなくてはならないのは「集客力」です。得意なことで悩んでいないで、独立する上でいちばん大切な「集客」で悩んで、スキルを磨いてください。

どんなに技術力があっても、集客力がなければ、独立起業しても続きません。