札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠ににありがとうございます。

一昨日のキャンプの筋肉痛が、今日になって一気に押し寄せてきた住職の大沢です^^;

本日のお話は、CANONのデジタルビデオカメラのデータ復元ですが、その前に本日のご予約状況です。

午前中、諸事情で駐車場が使えないため、お持込でお車でお越しの場合は午後以降のお時間にてご予約いただけますようお願い致します。

詳しくはお電話にてお尋ねください。それ以外の出張サービス、お持込は通常通りご予約を受付しております。

なお、運動会シーズンで、ビデオカメラのデータ復元に関するご依頼が増えております。誤ってデータを消してしまった際には、下手に上書き撮影をしてしまうとデータ復元ができなくなりますので、早急にご相談ください。

TEL011-596-9914

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

SONYビデオカメラHF-R21削除した撮影動画の復元

さて、というわけで、運動会シーズンなので、誤って撮影動画を消してしまったというような、データ復元依頼が増えています。

誤って削除した以外にも、パソコンに動画を移動していたら、両方から動画が消えてしまったという内容も例年通り多く、特にメーカーの動画取り込みソフトをお使いの場合は注意が必要です。

とは言いましても、何を注意したら良いの?という話になってしまうのですが、もし本体内蔵メモリに撮影しているのであれば、SDカードにバックアップを取ってからPCへ移動するなど、2重の用心は必要になります。ただ、これでも、SDカードに移しているうちにエラーが出て動画が消えたという事例もあるので完璧ではないのですが、データが消えても、どちらかにデータを記録したことがあれば、データ復元の可能性は高くなりますので、バックアップは重要です。

データを誤って削除したり、移動中に消えてしまった場合、慌てて撮影を試す方も多いのですが、これをやってしまうと消えたように見えている撮影データが上書きされてしまい、映像が断片化されたり、ノイズが走ったり、最悪、復元不可能な状態になることがあります。

それと、市販や無料のデータ復元ソフトを使ってしまった場合も、データが上書きされ復元不可能になってしまうケースも多いです。

データが消えた場合は、焦らず慌てず、データ復元設備が整った実績があるプロの復旧業者に依頼してください。安いという理由で安価な業者や無料復元ソフトを試してしまい、本当に復元できないくらいにデータがメチャクチャにされているのを見ると、本当に毎回、偲びない思いをしています・・・