札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

やずやの香酢を17年間愛用している(25歳の時から)住職の大沢です。だからといって、物凄い健康というわけではありませんが・・・^^;

本日のテーマは、最近、データ復旧のお持込が多いのですが、その中でも珍しい分解方法の外付けハードディスクをご紹介しますが、その前に本日の予約状況です。

本日は終日、お持込対応となっております。空き時間はございますので、本日の対応をご希望の場合はお電話にてご相談ください。

出張サービスですが明日以降でご予約可能です。今のところ余裕はありますが、金曜日が臨時休業となるため、ご予約はお早めに。

TEL011-596-9914

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

BUFFALO外付けHDD HD-CB500U2分解とデータ復旧

BUFFALOの外付けハードディスクHD-CB500U2です。電源が入らないということでお持ち込みされたものですが、まず外側のケース分解です。

このシリーズ、ちょっと分解方法が変わっていまして、分解方法が分からないまま無理やりツメを外そうとすると、確実にケースやツメを破損させてしまいます。

ただ、分解方法は簡単で、写真のように上部三箇所に爪楊枝などを挿し込むと、上側がパカっと開くので、あとは残りの爪を外していくタイプです。まるで、黒ひげ危機一発のような方法ですが・・・^^;

上部にはカモフラージュなのかたくさんの丸印があって、どれが穴なのかよく分かりませんが、三箇所の穴はよくよく見ると丸印の中にあるので、そこに爪楊枝を突き刺していってください。

さて、電源が入らなくなった外付けハードディスクですが、ケースの電源基板の問題であれば、データ復旧はさほど難しくないのですが。今回はハードディスク側のPCB基盤の障害。基盤交換してデータ復旧する必要があり、レベル3の物理障害です。