札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

二日間、室蘭登別方面出張で不在でした、住職の大沢です。

二日間、ご不便をおかけいたし申し訳ございません。本日から通常営業となりますので、バリバリ働かせていただきます!

さて、本日の予約状況ですが、お持込予約があるため、終日、PC修理やデータ復旧はお持込対応となります。空き時間がありますので、本日の対応をご希望され得る場合はお電話にてお尋ね下さい。

TEL011-596-9914

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

PCで読み込めないBUFFALO USBメモリRUF-YUF16Gデータ復旧

PCで接続すると「フォーマットしてください」表示が出て、中のデータを読み込めなくなったBUFFALO製のUSBメモリRUF-YUF16Gです。

「フォーマットしてください」の表示が出る症状は、この日記でも何度かお伝えしているとおり、よくある症状で、ファイルシステムの異常で発生する場合が多いのですが、中には物理障害で発生するケースもあります。

今回のケースですが、「フォーマットしてください」表示は出るものの、表示されるまでに物凄い時間がかかる。つまり、USBメモリがPC側で認識されるまでに時間がかかる、または認識されないときもあるといった状況で、内部のチップが動作不良を起こしていることが考えられます。

稀にこのような症状の場合、動作不良を起こしていても、調子がいいときはPC側での認識がスムーズに行く場合があるので、分解する前に2,3おまじないをかけてあげます(笑)これで上手くいけば御の字なのですが、今回はうまく行かなかったので、物理障害扱いとして分解、メモリチップからのデータ復旧が必要となります。

「そんな簡単にUSBメモリって壊れるのかい!?」とよく聞かれますが、答えは「はい、壊れやすいです」。読み書きする限界回数がパソコンのハードディスクより遥かに少なく、ましてや抜き差し動作が多く、静電気にも弱いので、あくまでデータの持ち運び用として活用したほうが懸命で、データのバックアップは必ず必要です。