札幌パソコンかけこみ寺のホームページへお越しいただき誠にありがとうございます。

趣味のキャンプで講座の先生もやっている住職の大沢です。

さて、本日のテーマは、デスクトップ上のファイルをひとつだけ誤って削除してしまい、時間が経過した場合のデータ復元についてですが、その前に本日のご予約状況です。

本日は、通常営業となっておりますので、お電話、メールにてお問い合わせや、出張、お持込のご依頼を承っております。

TEL011-596-9914

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

VN770/F分解画像

さて、誤って削除したデータのデータ復元ですが、削除してから時間が経過していない場合ですと、ゴミ箱から削除しても復元の可能性は大いにあります。しかし、「いつの間にか消えていた」「削除してからかなりの時間が経過している」という場合、ゴミ箱の中を復元してもデータが復元されないことがあります。こうなると、データ復元はかなり難易度が高い作業となります。

よくお客様に言われるのが「ファイル1つだけだから簡単でしょ?」と言われるのですが、逆です。これは、例えると海の中から特定の魚を一匹だけ見つける作業と似ており、一匹だけだからと言って、釣り針で一匹一匹を釣り上げていたのでは見つけることはできません。大きな網で海中の魚を全て捕獲して、その中から特定の魚一匹だけを見つけ出すという作業になるため、時間もかかりますし、復元プログラムの精度も高いものを使わなければなりません。

しかも、復元できても時間が経過しすぎてファイルが壊れて開かない場合もあります。この場合、ExcelやWordであれば壊れたファイルを修復する作業をおこなうのですが、これでも修復ができない場合もあります。その場合、第2段階の作業として、過去の保存履歴を辿り、最新のファイルではなく、1つ前、2つ前・・・といった過去に保存したファイルを復元できないか試します。何度か上書き保存をしているファイルですと、この方法で、最新のファイルではありませんが、ちょっと前に保存したファイルの状態で復元することができる場合があります。

ただし、いずれにしても広大なパソコンのハードディスクの中から、削除してしまった特定の1ファイルだけを復元するというのは、かなり高度なデータ復元プログラムを使用しないと、データ復旧はほぼ不可能です。間違っても無料や市販のデータ復元ソフトを使わないようにしてください。データが完全に破壊され、復元できるはずのデータも復元が不可能になります。