札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

最近、牛乳を飲むとお腹を壊すようになった住職の大沢です。昔は大丈夫だったんですが・・・^^;

さて、本日の修理日記ですが・・・またもやデータ復旧です。本当に最近、データ復旧の仕事が多いです。その前に本日の予約状況です。

午前中は出張サービスのため不在となり、午後以降はお持込対応となります。

本日、修理、設定、データ復旧をご希望の場合、午後以降のお持込でしたら空きがございますので、お気軽にご相談下さい。

TEL011-596-9914

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

差込口が破損したBUFFALO外付けHDD HD-PCT1TU3

つい、先日も同じような内容のデータ復旧日記を書きましたが・・・

7/4予約状況とエレコム外付けハードディスクZeroShock分解とデータ復旧

最近、多いのが、USBの差込口が平型になっているタイプの外付けハードディスクで、USBの差込口が壊れてしまうケースです。

以前の日記でも書きましたが、ポータブルタイプの外付けハードディスクや、据え置き型の外付けハードディスクでも一部モデルが平型コネクタになっているのですが、正直、非常に壊れやすいです。

ちょっとした力をかけただけで、簡単に差込口が割れてしまうため、落下などの衝撃ですと一発で壊れる危険性が高いです。

この平型コネクタの破損、修理をご希望されるお客様も非常に多いのですが、正直、ここまで壊れやすい部品を再度、半田付けなどをおこなっても更に強度が落ち、また同じように壊れる危険性が高いことと、精密ハンダ作業になるので、修理代が安くはないというデメリットが有り、中のデータだけを救出するデータ復旧をおこなったほうがお安く済みます。

もう一つの方法が、外側のケースだけを交換するという方法もあるのですが、中のハードディスクが衝撃により故障を併発していては、外側のケースを変えても意味がありません。しかも外側のケースも意外に安くはなく、昨今、外付けハードディスクの価格も下がっているので、新しいのを買ったほうが長い目で見ると割安です。

ポータブル型の外付けハードディスクは、時期にもよるのですが5,000円台~6,000円台で一番安いものですと買えますので、どのみちハードディスクの寿命は平均5年。年数がある程度経過しているのであれば、買い替えが無難です。