札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

昨日、お昼にビッグチキンカツ定食を食べて胃がもたれた住職の大沢です。年齢とともに油ものが・・・^^;

さて、今日のお題は、パソコンを起動する際に必ず自動で立ち上がっていたNortonが起動しなくなったPCの修理についてですが、まずはご予約状況です。

今週ですが、ご予約が混み合ってきております。ご予約は通常通りできますが臨時休業もあり空き時間が少なくなってきているので、詳しくはお電話にてご相談ください。

なお、現在の予約状況は下記のとおりです。

7/26 △ 混雑・空き時間僅少
7/27 △ 午後混雑
7/28 △ やや混雑・持ち込みのみ対応可
7/29 × 休業日
7/30 × 休業日
7/31 × 臨時休業
8/1 △ やや混雑
8/2 ○ 通常予約可能
8/3 ○ 通常予約可能

TEL 011-596-9914
(住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります※時間指定不可)

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

Nortonが起動しなくなった場合の修理

通常、ウイルス対策などのセキュリティソフトは、パソコンが起動する際に自動的に起動し、パソコンを保護してくれる仕組みなのですが、なんらかの事情でセキュリティソフトが起動しなくなるという症状があります。

今回はNortonのケースですが、症状としては「PC起動時に自動起動しない」「手動でNortonを起動させようとしても起動しない」「アンインストールもできない」というケースです。

通常ですと、アンインストールして再インストールすれば大抵の場合は修復するのですが、アンインストールを実行しても何の反応もないとなると、仮に新しい別なセキュリティソフトを入れたくても、セキュリティソフトの2重インストールとなり、インストールができないか、仮にインストールできたにしても不具合が生じる可能性が高くなります。

ノートンに限らずなのですが、セキュリティソフトのこういった不具合は意外に少なくなく、ノートンの場合ですとアンインストールできなくなった場合のために、メーカーで「アンインストールプログラム」提供し、それを使って強制的にプログラムを排除できるようにしています。

ですので、アンインストールできなくなった場合の対策の一つとしては、メーカー提供のアンインストールプログラムを使用することなのですが、困ったことに、アンインストールをして、再度ノートンをインストールしようとするとインストールができなくなるケースがあります。

この障害の原因ですが、どうもアンインストールプログラムで排除しきれなかったプログラム(レジストリ)が発生しているようで、これが残っているがために再度インストールしようとしても「まだノートンは残っているよ」や「残った残骸をウイルスだと勘違い」などといったような誤判断をされてしまうようです。

こうなると、一筋縄では行かなくなります。正直申し上げますと、修理代金のほうが高くなる可能性があり、別なセキュリティソフトを入れたほうが安くあがる可能性もあるので、要注意です。