札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

昨晩、娘が40度の熱を出し、少々寝不足気味な住職の大沢です^^;

さて、本日の修理日誌は診断プログラムでハードディスク異常が表示されたDELLデスクトップPCの修理についてですが、まずは本日のご予約状況から。

本日はお持ち込みのご予約が多いため、終日、お持込対応となります。

本日の対応をご希望の場合、お持込でしたら対応可能ですので、修理や設定サポート、データ復旧をご希望の場合、空き時間などお電話にてご相談ください。

札幌市内出張サービスをご希望の場合、明日以降でのご予約となりますので、お電話、メールフォームにてお問い合わせ、ご予約ください。

TEL 011-596-9914
(住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります※連絡時間指定不可)

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

DELLデスクトップPCの診断プログラムでハードディスク異常表示

さて、DELLデスクトップPCでのハードディスク異常の修理ですが、修理というよりはハードディスク交換となるため、まずは元のハードディスクからのデータ復旧が最優先となります。

ただ、元ハードディスクの異常というのが、どの部分の異常なのか。診断プログラムで「異常」と判断された場合、ほぼ物理障害が確定となりますので、あとはどの部分の物理障害なのかを特定する必要があります。

今回のハードディスクのケースですが、S.M.A.R.T.のSeek Error Rateが膨大な数となっており、精密検査の結果、磁気ヘッド損傷。

物理障害は殆どの場合、データ復旧作業をおこなってみないと、どの程度まで復元できるかは分からないので、高度な技術力を持ったデータ復旧業者でないと、復旧率が落ちてしまったり、メディアの状態が更に悪化してしまうケースや、最悪、二度と復元ができない状態になる場合もあります。

このため、他社でデータ復旧をおこなってから以来をされた場合、通常の料金の1.5倍、2倍という設定をしている業者も多いのですが、理由としては他社での作業でメディアの状態が悪化してしまい、データ復旧作業が大変になるという理由があります。

ですので、データ復旧を依頼する場合は、最初から技術力の高い業者を選ばなければ、取り返しの付かないことになりますのでご用心を。