札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

今朝の朝ごはんは大和芋と大盛り麦飯で朝から元気な住職の大沢です(*^^*)

さて、本日の修理日誌ですが、起動不良ではよくあるスタートアップ修復画面からどうやっても起動しないPCの修理ですが、まず最初に本日のご予約状況をお伝えします。

本日は出張サービス、お持込修理、共に混み合っている状況で、ご予約は現在のところ16時以降が可能時間帯となります。

お持込のみの対応になるため、まずお電話にてご相談ください。

ただし、午前から午後にかけて出張サービスで不在となるため、受付にて折り返し連絡のご予約となる場合がございます。

なお、明日、明後日の土日は休業日となります。

TEL 011-596-9914
(住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります※連絡時間指定不可)

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

NECノートPC LL750スタートアップ修復画面から起動しない場合の修理

PCが起動不良を起こしている場合、Windows7ですと「スタートアップ修復」か「通常起動」かを選択する画面になり、スタートアップ修復を何度試みても起動しないという症状が非常に多いです。

原因としては、Windowsを起動する際に最初に読み込まれるプログラムが壊れているために起動できない場合や、そもそもWindowsプログラム本体が壊れてしまい、見つからなくなっているケースがあります。

ただ、更に原因を突き詰めていくと、ハードディスクの障害であるケースが多いのも、この症状の特徴です。

ディスク面の傷や磁気異常で発生する「不良セクタ」が原因の場合や、そもそもディスクを読み込むための磁気ヘッドの故障など、物理障害が原因でスタートアップ修復を繰り返してしまう状況になり、こうなってしまうと、ハードディスクそのものを交換しなければ修理はできない状況となります。

このスタートアップ修復の症状ですが、他にも原因は様々あり、よくお電話やメールでも頻繁にお問い合わせをいただくのですが、修理の可否やデータ復旧、料金については原因が多岐にわたるためお電話やメールでの特定はほぼ無理ですので、必ず、お持ち込みいただくか、札幌市内でしたら出張サービスでお伺いして検査する必要があります。