札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

奥さんと娘が風邪を引いて熱を出している住職の大沢です。私はピンピンしてるのですが^^;

さて、本日の修理日誌は電源が入らなくなったIOデータ製の外付けハードディスクの修理とデータ復旧ですが、その前に本日のご予約状況を。

一部時間帯を除いては終日、お持込対応となります。本日の対応をご希望の場合、お電話にて空き時間の確認をお願い致します。

出張サービスにつきましては明日以降の日時でのご予約となります。

TEL 011-596-9914
(住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります※連絡時間指定不可)

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

電源が入らなくなったIOデータ外付けハードディスクの修理

パソコンに挿してある外付けハードディスクが認識しなくなる症状は非常に多いのですが、その原因の一つが、電源が入らなくなりパソコンが認識しなくなるという症状です。

外付けハードディスクは中を開けると、ハードディスクに上のような基盤が取り付けられており、この基盤にUSBケーブルと電源アダプターを挿す仕組みになっています。

ハードディスクは、そのままですとUSBケーブルはさせませんので、パソコンとUSBで繋ぐためにこの基盤が取り付けられているのですが、外付けハードディスクの故障の多くは、この基盤の故障ということがあります。

電源アダプターの端子が断線していたり、USB端子が断線することで、電源が入らなかったりパソコンが認識してくれなくなるので、もし修理となると基盤ごと交換するか、データだけ抜き出すデータ復旧作業をおこない新しい外付けハードディスクにデータを移し替えるかの作業となります。

ただし、修理と言っても、今の外付けハードディスクはかなり値段も下がってきているので、修理をするなら安く買い替えたほうが良い場合もあるので、データ復旧をおこなうケースの方が多いです。

なお、この基盤の故障の原因は多くは衝撃を与えたことによるものです。落とした、倒した、引っ張った。この3つが一番の原因ですので、掃除のときや小さなお子様のいるご家庭ではご注意ください。