札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

昨日は体調不良のため午前中お休みをいただき申し訳ございませんでした。今日は元気な住職の大沢です(*^^*)

さて、今日の修理日誌ですが、前回ご紹介した症状と酷似していますPCを診断中のまま起動しないPCについてです。

その前に、まずは本日の予約状況をお伝えします。

本日は午前中が出張サービスのため不在となり、午後以降はお持込対応となり、混み合っている状況です。

明日土曜日は休業日となりますので、本日の対応をご希望の場合、お電話にて空き時間をご確認ください。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

PCを診断中で再起動を繰り返すDELLデスクトップPCの修理

最近、なぜかDELLのPCばかり持ち込まれる札幌パソコンかけこみ寺ですが^^;今回もDELLのデスクトップPCです。

例によってPCを診断中から進まない状況で、初回の起動で再起動を起こす状況。

ちなみに今回の症状では、リカバリーモードやPC修復のための詳細オプションにも入れない状況で、ハードディスクを検査してみると前回同様、不良セクタ発生。

しかし、読み込みはできそうなので、修理はハードディスク交換。新しいハードディスクに元データをイメージコピーしてみて、リカバリーモードを発動・・・

しかし、やはり起動せず・・・リカバリー領域が破損してしまっているようです。こうなると、OSを再インストールです。

DELLの良いところは、余計なソフトが入っていないのと、Windows10標準のドライバーで大方のパーツは動かせて、もしデバイスマネージャーでドライバーが当てられていないパーツが有っても、DELLのサイトでダウンロードできる点がメリット。無理にリカバリープログラムを使わなくてもハードディスク交換できます。

余談ですが、最近、この手の症状で持ち込まれるパソコンのハードディスクはSeagate社製の物。たまたまかもしれませんが、ちょっと注視していきたいと思います。