札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

最近、セイコマのちくわパンにハマってる住職の大沢です^^;

さて、本日の修理日誌は、ここ最近の恒例となってきた自動修復を繰り返すパソコンのデータ復旧です。ほぼ毎日、このご相談を頂いています(笑)

・・・の前に、本日のご予約状況をお伝えします。

本日は終日、お持ち込みのご予約対応となっておりますので、本日のお持込をご希望の場合、お電話にて空き時間の確認をお願い致します。

なお、出張サービスのご予約ですが、今週はお持ち込みのご予約が混み合っているため、来週以降でのご予約となります。

出張サービスをご希望の場合、日時のご相談を事前にお願い致します。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

SONYノートPC 自動修復を繰り返すPCG-81314Nデータ復旧

さて、自動修復を繰り返すSONYのノートPC、PCG-81314Nですが、基本的にはメーカーや型番関係なしの症状ですので、念のためハードディスク検査からおこないます。

この時代のPCは発売から概ね5~6年経過してるPCですので、ハードディスクもそろそろ障害が起きて不思議がない年数になります。

え?5年しかもたないんですか?とよく言われるのですが、ハードディスクは消耗品ですので、平均すると寿命は5年。ただし、当たりハズレもあるので、1年使って壊れる人もいれば、10年使っても壊れない人は壊れない。ただ、やはり修理やデータ復旧のご相談を受けるのは、だいたい5年前後のパソコンが多いです。

今回のケースですが、ハードディスクには問題がなく、Windowsの起動プログラムの障害。どっちにしても買い替えるとのことでしたので、データ復旧のみの作業です。

裏蓋を外して、ハードディスクを取り出して・・・と、この時代のパソコンはハードディスクの摘出が楽でいいのですが、最近のパソコンは昔のパソコンのように、簡単に分解できないモデルが増えていて、メーカー側の「素人には修理させない!」という意気込みが伝わってくるようです(笑)

そんな冗談はさておいて、今回のケースではハードディスクに問題は無かったのですが、ディスク面の傷などで自動修復を繰り返す場合もあるので、その際はお早めにご相談ください。