札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

スポーツジムで気合を入れすぎて右踵痛になった住職の大沢です^^;

さて、本日の修理日誌ですが、NECの一体型PCの定番と言えばVN770シリーズですが、ハードディスクからのデータ復旧と注意点についてお話ししたいと思います。

と、その前に、本日の予約状況をお伝えします。

今週1周間はお持込のみの対応となっております。

本日は少々ご予約が混み合っておりますが、空き時間はありますので、本日の対応をご希望の場合はお電話にてお問い合わせください。

なお、出張サービスにつきましては来週以降の日時でのご予約となります。

TEL 011-596-9914
(住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります※時間指定不可)

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

起動しないNEC一体型PC VN770AS1BWデータ復旧

NECのVN770シリーズですが、分解自体は難しくありません。裏のネジを外せば簡単に蓋が開くので一体型PCの中でもメンテナンスがしやすいPCです。

ただ、問題なのがハードディスクの取り外しです。ハードディスクが包まれている金属製のケースと本体が3本の小さめのネジで固定されているのですが、このネジを外す際、きちんと大きさが合っているドライバーを使わないとネジ穴が潰れやすい形状になっています。

VN770のネジ

ネジ穴の中心部が丸くなっていて、4箇所の引っ掛かり部分が非常に短いため、小さめのドライバーを使うとネジ穴が潰れます。これはNECのちょっとした罠なのでは!?と思ってしまいます^^;

とはいえ、ドライバーの選択を間違えなければ、簡単にハードディスクを外せますのでご安心を。

さて、今回の起動不良ですが、ハードディスク検査の結果、ディスク上に傷などが原因で読み込み不良部分ができてしまう不良セクタが約2,000箇所にできている状況。ただ、まだなんとかデータを読み出せる状況ですので、物理障害でも比較的軽症。

ただ、もっと時間が経過してしまえば、完全に読み込み不良になっていたと思いますので、この段階で起動不良が起きて持ち込まれたのは運が良かったと思います。