札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

毎日、納豆と麦飯を食べている住職の大沢です。だからといって痩せないですが^^;

さて、本日の修理日誌はパソコン内のハードディスクが急に認識されなくなった場合のデータ復旧についてですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

新規のご予約については今日と明日のみとなります。23日以降は既にご依頼済みのお客様のみの対応となるため、お問合わせや新規ご予約はできませんのでご了承ください。

また、年内はお持込のみの対応となり、お預かりが必要になる可能性がある修理やデータ復旧は受付できません。

詳しい年末年始の冬季休業期間と注意事項についてはこちらをご確認ください。

http://www.pc-kakekomi.com/2017winter/

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。
※冬期間は折り返しのご連絡にお時間がかかる場合がございます。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

ノートPCを起動してもBIOSで認識されないハードディスクのデータ復旧

「デバイスを読み取ることができません」とエラーが表示されたり、起動中にも関わらずハードディスクランプが消えていたりといった症状が出る場合、BIOSで確認するとハードディスクが認識されていない場合があります。

この場合ですが、ハードディスクの故障も考えられるのですが、マザーボードの異常によりハードディスクを認識できなくなっている場合もあるため、どちらが原因かについてはハードディスク検査からおこなっていく必要があります。

さて、このハードディスクが認識されなくなる症状ですが、稀に外気温が氷点下の状態にパソコンが長時間さらされていた場合、一時的にハードディスクが動かなくなり、認識されなくなるケースもあります。この場合の注意ですが、急にパソコンの電源を何度も入れて長時間起動させると、パソコンから発せられる急激な熱で、内部が結露を起こす危険性があるため、室温に慣らしてからパソコンを起動させたほうが安全です。

この季節の北海道は、外にパソコンを持ち歩きすると、気温や静電気などパソコンにとって弱点になるものがたくさん存在するので、外にパソコンを持ち歩くことが多い場合、持ち歩き用のバッグは厚めのものを用意したほうが予防になると思います。