札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

大好きだったギタリストが亡くなり、ショックを受けている住職の大沢です。

さて、今週は変則営業になっておりますのでご注意ください。

2/7 午前のみ営業(午前× 午後休 夕方休)
2/8 通常営業(午前◯ 午後◯ 夕方◯)
2/9 臨時休業
2/10 定休日
2/11 定休日
2/12 祭日定休日
2/13 通常営業(午前◯ 午後◯ 夕方◯)

本日は午前中のみの営業となるため、お電話での受付は午前中のみとなります。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。
※冬期間は折り返しのご連絡にお時間がかかる場合がございます。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

複数のPCで使っていたポータブル外付けHDDが認識しなくなった場合のデータ復旧

ごく稀ですが、特にWindows8以降のPC、複数に繋いで使っていた外付けハードディスクが、急にどのパソコンに繋いでも認識しなくなるという障害が発生する場合があります。

この症状が起きやすい環境としては、例えばWindows8と10といったように、違うバージョンのWindowsパソコン間で外付けハードディスクを抜き差しすると発生する場合があります。(同じバージョンのPC同士でも起きる場合もありますが)

ただし、通常はバージョンが違うパソコン同士でも外付けハードディスクを繋いで認識しなくなるということはないのですが、ハードディスクの取り外しを失敗するとこの現象が発生すると考えられています。

一番多いのが「ハードウェアの安全な取り外し」をおこなわずに外付けハードディスクをパソコンから抜いてしまった場合。通常、ハードウェアの安全な取り外しをおこなうことで、ハードディスクは今接続しているパソコンとの接続状況をリセットして、次にどんな環境のパソコンに繋いでも大丈夫なようになるのですが、これが上手くいかないと、接続していたパソコンの環境情報が残ってしまい、別なパソコンに繋いでも「あれ?パソコンの環境が違う??どうして???」と混乱し、ハードディスクは認識しなくなります。

この症状ですが、パソコンに外付けハードディスクを繋いだままシャットダウンをした場合に発生することもあり、高速シャットダウン機能が外付けハードディスクが安全に取り外される前にパソコンの電源を落としてしまうのが原因です。

こうなると、特定のパソコンで外付けハードディスクが認識しない、または、どんなパソコンに繋いでも認識しなくなるといった症状が出てしまい、データ復旧が必要となります。

ネット上ではチェックディスク(chkdsk)を試す方法がよく掲載されていて、これを試してから持ち込まれるお客様もいらしゃるのですが、データ復旧結果はひどい結果で、複数回のchkdskを試したハードディスクの場合、こちらでデータ復旧を試みても復旧できない場合があります。

今回のご依頼は、障害が出てすぐにご郵送いただいたので、データ復旧はほぼ100%。何度も言いますが、データ復旧はネットの情報を当てにしてご自身でやろうとすると、失敗した場合、二度とデータが戻ってこなくなります。すぐに、札幌パソコンかけこみ寺にご相談ください。