札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

母親の膵臓がんの手術が無事に終わり、まずはホッとしている住職の大沢です。

それにしても、今日はかなり天候が悪いですね。明日もこのままだと暴風雪になる恐れがあるようですので、お出かけされる皆様は十分にお気をつけください。

さて、本日から通常営業に戻りますが、この天候ですので、出張サービスはお休みさせいただきお持込のみの対応となります。

空き時間等につきましてはお電話にてご確認ください。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。
※冬期間は折り返しのご連絡にお時間がかかる場合がございます。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

ハードディスクが壊れたWindows8ノートPCの交換修理

最近はWindows7よりも8のハードディスク交換修理の割合が多くなってきたように思えます。

Windows7は発売から9年が経つので、初期の頃のパソコンですと修理しても・・・という可能性が高くなっっていますが、Windows8はまだ5年。ちょうどハードディスクが壊れてくるパソコンが増えてくる頃ですし、修理してもまだまだ使える状態のものが多いので、これからWindows8の修理が増えてくると思われます(とはいえ、この頃からWindows7時代よりもパソコンが売れていないので、極端に増えるとうわけではないと思います)

さて、Windows8PCのハードディスク交換ですが、ハードディスク交換をしてWindows8に戻しただけで修理終了・・・というわけにはいきません。

なぜかというと、ここが重要なのですが「Windows8はサポートが終了しているので、そのままインターネットに繋いだりソフトをインストールすると危険です」

発売から5年しか経っていないし、Windows7だってサポートはまだ残っているのにどうして?を思われる方もいると思いますが、Windows8は発売から僅か1年でWindows8.1にバージョンアップしています。

つまり、早々とWindows8のサポートを打ち切り、Windows8.1にバトンタッチしたというわけです。

ですので、Windows8のハードディスク交換やリカバリーをされる場合、その後、Windows8.1にアップデートする必要があります。

けっこう、この作業をやらずに納品するパソコン修理業者も少なくないのでWindows8パソコンを修理に出される場合はご注意ください。