札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

そろそろ花粉症のせいか目が痒くなってきた住職の大沢です^^;

さて、本日の修理日誌はちょっと特殊な事例です。DELL特有の機能、AupportAssistが暴走してパソコンが起動しなくなったというご相談内容ですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

出張サービスのため一部時間帯を不在にする以外は通常営業の予定です。修理やデータ復旧サービスの出張、お持込、郵送のご予約はお電話又はメールフォームよりお問い合わせください。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

起動するとSupportAssistが表示され異常がないのに起動しないDELLノートPC修理

例えばWindows10ですと、パソコンが起動不良を起こせば自動修復画面が表示され、それでも修復できなければ詳細オプション画面でシステムの復元などの機能を選択できるのですが、最近のDELL製のパソコンはDELL独自のチェック機能であるSupportAssistという画面が表示されます。

このSupportAssistですが、パソコンの各種部品(ハードウェア)の故障を自動的に調べてくれたり、OSの起動プログラムなどに問題ないかをチェックしてくれる機能となっております。

おそらく、パソコンとOSに問題がなければ、そのまま起動できても不思議ではないのですが、なぜか何度、起動してもこのSupportAssist画面に切り替わってしまい、Windowsが起動しないという症状が今回のご相談内容です。

確認してみますと、確かにSupportAssistが起動し、ハードウェアチェックもOSチェックもNo Problemと表示。で、あれば、普通にOSが起動するのでは?と思うのですが、何度電源を押してもSupportAssistでチェックが始まってしまいます。

試しにBIOSをLegacyに切り替えてみると、No boot device availableが表示。一瞬、ハードディスクを疑いたくなるんですが、ハードディスクは通常通り認識されており、エラーも無し。

SecureBoot周りを弄っても効果なく、Bootプログラムは存在しているのに、読みに行けていないような状況。

そこで、まず、この状況は本当にハードウェアに問題ないのか、DELLのサポートに連絡をとって症状を伝えたんですが、少しお待ち下さいと待たされ、結果「OSの問題だと思います」とのこと。

OSに問題があると強制的にSupportAssistが起動されるの?しかも問題なしって出るんだけど??と、なんとも狐につままれた気がするところですが、Windows10のインストールメディアを使って修復プログラムを起動。

復元ポイントがないのでシステムの復元は不可。スタートアップ修復の前にセーフモードで起動できないか試してみると・・・ん?今度はSupportAssistに行かず、見慣れたDELLロゴマークの下で起動中のクルクルが登場。なぜかセーフモードではなく、通常起動完了。

なんでしょう??インストールメディアを起動させたことで、SupportAssistへのループが切り替わったんでしょうか??

なんというか、暴走状態だったSupportAssistが急に大人しくなったような感じで、修理完了。

ネット上を調べてもあまりこの症状は報告されていないようなので、レアケースだったんでしょうか・・・