札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

睡眠時無呼吸症候群が酷くなったのでCPAPを導入した住職の大沢です^^;

さて、本日のデータ復旧日誌は、PCに接続すると正常に認識しているように見えて、実際にフォルダーにアクセスすると「デバイスを挿入してください」と表示されるUSBメモリーのデータ復旧のお話ですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

本日はご予約が全て埋まっており、明日以降でのご予約となります。なお、お電話でのお問い合わせですが、ほぼ終日、出張サービスに出ておりますので、折り返し連絡のご予約対応となります。折り返し連絡ですが戻り次第、順に対応しておりますので、時間指定やお急ぎなどの対応はできませんのでご容赦ください。

なお、電話でのお問い合わせを一時、休止する場合もございます。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

ドライブは認識してもデバイスを挿入してくださいと表示されるUSBメモリーのデータ復旧

さて、PCでは正常認識するUSBメモリーですが、実際にフォルダーにアクセスすると「デバイスを挿入してください」と表示されるUSBメモリーのデータ復旧です。

確認してみますと、エクセルファイルなどを無差別で開くと問題なく開き、エクスプローラーも問題なく表示。しかし、USBメモリーからコピーしようとすると、途中でコピーできなくなります。

途中でコピーが止まる原因は、USBメモリーが接触不良を起こしているようで、急に通電ができなくなる物理障害。そして、物理障害を修理して通電させても、音声ファイルの一部が壊れていてやはりデータへのアクセス不可。

物理障害とデータ障害の複合障害を起こしている状況で、おそらく使用中に接触不良をお越し内部のデータにも影響が出てしまった状態でしょう。

USBメモリーは内部のデータを格納するメモリーチップが生きていれば、データ復旧の可能性は高く、今回は接触不良という物理障害を抱えてはいましたが、物理障害自体は致命的ではないので、データ復旧可能な症状でした。