札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

週末はキャンプに行き、4月とは思えない気温の中で満喫できた住職の大沢です(^^)

さて、本日のデータ復旧日誌ですが、ご使用されていた方が亡くなり、パスワードが分からず開かなくなったWindows10搭載自作PCからのデータ復旧のお話ですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

午後に出張サービスのご予約がある以外は通常予約可能です。

なお、来週からゴールデンウイークに入り、札幌rパソコンかけこみ寺の休日は暦通りとなります。

祭日が多くなるため、ゴールデンウイークを跨いだ、お預かり修理やデータ復旧の場合、お時間をいただく場合がございますのでご注意ください。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

パスワードが分からなくなった自作PCのADATA製SSDデータ復旧

以前もお話しましたが、亡くなられた故人のパソコンからデータを取り出すというご相談が増えており、今回のケースのようにパソコンのパスワードが分からず、パソコン内のデータを見ることができないというケースがほとんどです。

故人のパソコンのデータを「デジタル遺品」ということもあり、遺品整理の世界では、デジタル遺品の取扱をどうするかという問題はこれからの時代、どんどん増えていくと思われます。(弊社では遺品整理も姉妹事業としておこなっています)

さて、デジタル遺品の内容ですが、個人が撮り貯めていた写真や、作成した文書。文書の中でも遺言状やエンディングノートを探されるかとも多く、ネット銀行や証券口座などの、故人がPC上でやり取りしていたお金に関わる部分や、IDとパスワード。パソコンの中には数多くの遺品が眠っていることがあります。

今回のご相談も、そんなデジタル遺品の取り出しで、自作PCなんですがパスワードが分からず中のデータを見ることができない状況。

SSDを取り出して、中のデータを復旧・・・データ復旧作業ですが、これも遺品整理の一つです。

中には、内部のデータから特定の遺品を探してほしいといった内容や、インターネット履歴の解析を頼まれることもあり、パソコンの中身と行動履歴は現実社会で残された軌跡よりも数多くの物を残していることがあります。