札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

花粉症に悩まされている住職の大沢です^^;

さて、本日の修理・データ復旧日誌ですが、リカバリーしたノートPCからハードディスクを取り出し、データ復旧が上手くいくのかどうかというお話です。

その前に本日の予約状況をお伝えします。

本日は通常予約可能です。ご予約、お問い合わせにつきましてはお電話、メールフォームよりお願いいたします。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

消してしまったデータの復元の場合、復元がうまくいくかどうかは、消した後にどれだけ上書きでデータを保存したかが鍵となってきます。

例えば、外付けハードディスクをフォーマットで全て消してしまった場合、その後、上書きで保存をしていなければ高い確率でデータの復元が上手くいく可能性があります。これは、デジカメやハンディカムも同様で、消してしまった写真を保存し忘れたなどのご依頼が非常に多いのですが、その後、上書きで撮影していなければ復元の可能性は大いにあります。逆に何度も消したり撮影したりを繰り返したり、特に保存領域一杯まで上書きで撮影してしまった場合は、復元の可能性は低くなります。

さて、パソコンをリカバリーしてしまった場合のデータ復元ですが、フォーマットとは違いリカバリーの場合はデータが全て消えた上から、新しくWindowsが書き込まれてしまうので、Windowsが上書きされた部分のデータは復旧不可能になります。

かといって、まるっきりデータ復旧できないかといえばそうではなく、新しいWindowsが上書きされていない領域のデータはそのまま残されているので、あとは残されたデータがどこまで生き残ってるのか・・・ある意味、運試しのようなところはあります。

ただ、やってみないと分からないので、高い復元力を持つ復元プログラムでデータ復旧をおこなうことが一番重要です。間違っても市販の復旧ソフトは使用しないでください。市販や無料のデータ復旧ソフトを使われてしまうと、中のデータが破壊されて、持ち込まれたときには復元不可能になってしまっているケースが多いです。