札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

朝から娘と二人でカレーライスを食べてきた住職の大沢です^^;

さて、本日のお話は非常にご質問が多い中古パソコンの購入について、今までのパソコン修理の経験を踏まえてお話したいと思いますが、その前に本日の予約状況をお伝えします。

本日は通常予約可能ですが、午後から一部時間帯が不在となります。詳しくはお問い合わせください。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

ユーザープロファイルがありませんと表示される

よく「中古パソコンの販売はやっていないのですか?」「中古パソコンのオススメはないですか?」「安く中古パソコン売っている店ありませんか?」と聞かれることがあります。

ただ、個人的な経験から行くと「中古はかえって高くつきますよ」とお答えしています。

と言いますのも、パソコンの部品の中でも最も故障率が高いデータやプログラムを格納しているハードディスクという部品が、平均すると5年位が最も故障が多く発生する使用年数になっているからです。

中古パソコン市場に並ぶパソコンでお手頃価格のものは、だいたい5年以上が経過したパソコンが殆どで、だからといって、このハードディスクを交換しているかと言えば、そんなことすると部品代や作業工賃で価格に載せなくてはいけなくなり、1台の中古パソコンにかける時間も多くなることから、交換しているパソコンは皆無に等しいのが現状です。

となると、お手頃価格で中古パソコンとなると、使用年数5年以上が前提となりますから、必然的にハードディスクが今後、故障する可能性が高いところに入ってきます。

実際、中古で買ったパソコンが壊れたと持ち込まれるケースで多いのは、やはりハードディスクの故障で、パソコン自体も5年以上経過したパソコンが多く、中古で買ってから1~2年で故障してご相談されるケースが多いです。

正直、いくらお手頃価格とはいえ、1,2年で壊れる危険性があるパソコンはコストパフォーマンス的にもオススメできるものではありません。それでしたら、DELLやhpの海外製メーカー直販で購入したほうがコストパフォーマンス的にも良いと思います。

パソコンに詳しい方で、自分でハードディスク交換もできるという方でしたら、中古でも問題ないと思いますが、一般の方が中古パソコンを買うというのはリスクが高いお買い物かもしれません。中には、中の部品を別な安い部品に交換して売りつけている悪質な販売業者もいますので・・・