パソコン修理と設定サポート、各種データ復旧の札幌パソコンかけこみ寺ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

昨日は義母の誕生祝いで少々飲みすぎた住職の大沢です^^;

今日も暑いみたいですが、明日からは気温が下がってくるみたいですね。喉とお腹の風邪が流行ってるみたいですので、皆様、体調管理には充分にお気をつけください。

さて、本日のお話ですが、他社でデータ復旧のため開封した外付けハードディスクですが、お客様のご要望でセカンドピニオンで持ち込まれたもののお話ですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

午後から夕方にかけて出張サービスで不在にしますが、それ以外はお持ち込み対応OKです!

空き時間などについてはお気軽にお問い合わせください。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

他社でデータ復旧診断した外付けハードディスクのセカンドオピニオン

購入して1年位で読み込みができなくなったSEAGATEの外付けハードディスクです。中からもBEEP音と思しき音も鳴っている状況で、通電はしていても磁気ヘッドが読み込む音はしていない。明らかな物理障害です。

さて、他社で診断をしたところ東京に送らないとわからないと言われてしまい、不信感から札幌パソコンかけこみ寺にお持ち込みいただいたのですが、外付けハードディスクの側面を見ると、外箱開封のために無理やり開けた跡が・・・

外付けハードディスクを無理やり開けた跡

ところどころ、大きめのマイナスドライバーでこじ開けたのか、欠けてるところが目立ち、けっこう無理やり開けたなという印象。

外付けハードディスクの開封の仕方ですが、ネット上で調べると強引にマイナスドライバーを差し込んでいるのを目にしますが、マイナスドライバーでのこじ開けが必要なのは、ごく一部の外付けハードディスクです。ポータブルタイプの場合、薄めの工具でさほど傷をつけずに開封することができます。最近ではAmazonでも分解工具が売られていますし、私の場合は、ホームセンターの工具売り場でも丁度いいものを見繕って用意しています。用途は違いますが外付けハードディスクや一体型PCで使えそうな道具が意外とあるんですよ(*^^*)

こういった開封が丁寧か雑かでも、データ復旧や修理経験の浅さ深さが分かります。

さて、話は戻りまして、こちらの外付けハードディスクですが、ディスクを回すためのスピンドルモーターの故障。モーターの交換と、もしかすると磁気ヘッドも交換が必要な可能性がある重度の物理障害でした。

それにしても、昨日の件といい、購入して1年位で壊れたという事例が続いています。皆様、バックアップはマメにおこなってください。