パソコン修理と設定サポート、各種データ復旧の札幌パソコンかけこみ寺ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

昨日は美味しい室蘭焼き鳥を堪能した住職の大沢です(*^^*)昔、室蘭で働いていたので、焼き鳥といえば「豚肉+玉ねぎ+洋辛子+甘辛タレ」。これが室蘭焼き鳥なんですよね。気になる方は、こちらのお店へ是非! ⇒室蘭やきとり がく https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1057694/

 

室蘭焼き鳥がく

さて、話が焼き鳥の話になってしまいましたが^^;本題に入ります。今日はビデオカメラで撮影したSDカードのデータ復旧のお話ですが、完全フォーマット・・・ゼロフォーマットが欠けられている場合のお話です。

その前に、本日のご予約状況をお伝えします。

本日は通常予約可能です。お昼ご飯などで不在にする時があるかもしれませんが、その際は受付で折り返し連絡のご予約をお願いいたします。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

ビデオカメラで動画撮影したSDカードを完全フォーマットした場合のデータ復元

さて、ビデオカメラで撮影した動画をSDカードでに保存して、誤ってフォーマット。データの復元ができないかというご相談です。

基本的に上書き撮影がされていなければデータ復元の可能性は高いのですが、問題はフォーマットの形式です。

多くの場合、フォーマットはデータを完全に消去するのではなく、データ本体はそのまま残っていて、データの場所などの情報が書かれたファイルを消去することで、データ本体を見えなくするだけなことがほとんどです。

しかし、データの復元がされては困る場合、こういったフォーマットではなく、完全にデータそのものを上書きで消去する完全フォーマットという方法を用いる場合があります。

方法は、0や1でデータを上書きしたり、乱数でデータを上書きしたり、データそのものを数字で潰していくという方法です(上の写真は0で上書きされたSDカードの中身を解析したものです)。

こうなってしまうと、復元しようにも無意味な数列しか残っていないないため、データ復元は不可能。不可能というと語弊があって、厳密に言うとハードディスクの場合ですと残留磁気を解析して復元する方法が研究されているのですが、さすがにその方法は一般的には普及していません。

完全フォーマットをされると、プロのデータ復旧業者でもお手上げです。逆にプロのデータ復旧業者もこの方式を使ってデータの流出を防いでいるくらいですので・・・