パソコン修理と設定サポート、各種データ復旧の札幌パソコンかけこみ寺ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

今日は雨ですが、雨といえば最近、この傘がブームだそうで・・・

https://amzn.to/2MqgAFN

スマホより軽い折りたたみ傘で重量が86g。奥さんにプレゼントしたらたいそう喜んでいた住職の大沢です^^;

プレゼントでお悩みの方は是非。

さて、今日のお話ですが、Recovery Error Code:0x0000098とブルースクリーン表示されるパソコンの修理についてですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

本日は午前中から混み合っており、ご予約可能が15時以降のお持ち込みとなります。

空き時間につきましてはお電話にてご確認ください。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

Recovery Error Code:0x0000098のDELLデスクトップPC修理

今回のパソコンはDELLのデスクトップPCです。最近、Windows8搭載のDELLが修理でご相談を受けることが多くなりましたが、これはDELLが特別壊れやすいのではなく、DELLを購入されているお客様が増えているからだと思います。大手家電店に行くと、NECやSONYといった国内メーカーよりも、DELLの販売スペースのほうが大きいことがありますので。

さて、今回の症状はRecovery Error Code:0x0000098のブルースクリーン表示で再起動を繰り返す症状です。

ネットでこのエラーコードを調べると、「Boot領域の破損」「部品の故障」など、色々なことが書かれていて、特に多い修復方法がコマンドプロンプトを起動してbootrec・・・というハウトゥーですが、正直、エラーコードだけでは障害内容を判別するのは難しいとも思います。ご相談いただく際も、お客様側でネットで調べて、エラーコードから故障は〇〇だと思う、ということを言われるのですが、間違っていることが多いです。

どんな症状でもそうですが、エラー内容よりも実際に一つ一つ調べていき、消去法で障害箇所を特定するしかありません。これは人間の病気と一緒で、症状から素人判断で風邪だと思ってたら、実はもっと重い病気だったという事があると思います。症状から原因を消去方法で消していき、最終的に病気と治療方法を特定するのはパソコン修理も同じです。

さて、話を戻します。

今回の0x0000098エラーですが、Boot領域のエラーといえばそうなのですが、突き詰めていくとハードディスクに不良セクターが発生し、パーティションが崩壊している状況でした。つまり、ハードディスクに付いた傷などが、ドライブの領域を認識させなくしていたのが原因です。

こうなると、いくらコマンドプロンプトで修復しても、仮に上手く直ってもまた同じ症状が起きる可能性大です。ハードディスクの交換がまずは最優先修理となります。