パソコン修理と設定サポート、各種データ復旧の札幌パソコンかけこみ寺ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

テレビを見ないため、最近のCMとか有名人が全くわからない住職の大沢です^^;我が家のテレビは娘の好きな番組録画と視聴専用になってます。

さて、本日はUSBケーブルを挿しても認識しない外付けハードディスクのご相談ですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

本日は通常予約可能ですが、閉店が17時の予定となっております。

電話でのお問合せはお早めに!

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

USBケーブルを挿しても反応しなくなったBUFFALO外付けハードディクスのデータ復旧

10年ほど使用しているのではないかというBUFFALOの外付けハードディスクが、USBケーブルを挿しても動かなくなったとのご依頼内容です。

出張サービスで一旦、お預かりし、分解検査。

10年使用とのことでしたので、物理的な障害が心配でしたが、年数の割にはあまり使用していなかったようで、中の状態は良好。データ障害も見られないのでそのままデータ復旧作業に入りました。

ちなみに、外付けハードディスクは小型のポータブル外付けハードディスクだと寿命は短いんでしょうか?というご質問をよくいただきます。

家電店に行くと、外付けハードディスクは持ち運びにも便利な小型モデルと、パソコンに繋ぎっぱなしにしておく大きめのタワー型の2種類が売られていると思います。タワー型のほうがお値段も高めで、がっしりしているので頑丈そうなイメージがありますが、正直、中のハードディスクの耐久性はどちらもそんなに変わりません。

持ち運ぶ事が多いポータブル型ですと、落としたり、USBからの抜き差しが多いので、その分、壊れやすさはあるのと、タワー型の方が放熱効果が高いものもあるので、寿命的にはタワー型に分があることはあるのですが、正直、データ復旧で持ち込まれる率は、どちらか一方が極端に多いというわけではありません。

寿命は、中のハードディスクの当たり外れが、かなり影響してきますので、モデルごとの寿命というよりは、使い勝手に合わせて外付けハードディスクを選ぶという考え方で選んでいいと思います。あとは、バックアップをきちんと取ることです。