ハードディスクの交換と増設 | 札幌パソコンかけこみ寺

 

ハードディスクはパソコンの基本ともいえるWindowsや各種アプリケーション

ファイルや周辺機器を動かすドライバーなどの様々なデータを記憶する、

大容量記憶装置です。

 

その容量はGB(ギガバイト)の単位で表され、最近ではTB(テラバイト)

(1TB=1000GB)のハードディスクも主流になってきています。

 

しかしながら、ハードディスクは下記のような理由で、

交換増設が必要となる場合があります。

 

・ハードディスクの故障

・ハードディスクの容量不足

・ハードディスクのスピードアップ

 

最近のハードディスクは故障しにくくなったとはいえ、

パソコンの部品の中でも、かなり精密に作られた部分ですので、

最も寿命というところでは気を遣う部分です。

 

また、古いハードディスクは容量が小さく、

いつの間にかハードディスクが一杯になってしまい、

こういった場合、極度にパソコンが遅くなるといった症状が出ます。

そして、極限まで容量が使われたハードディスクは、

下手にデフラグやディスククリーンアップをおこなうと、

ハードディスククラッシュの原因にもなりかねません。

 

このような場合、ハードディスクは交換や増設が必要となり、

現在のハードディスクはSATA接続という方式ですが、

古いハードディスクですとIDE接続という現在とは異なるケーブルが

使用されているモデルになりますので注意が必要です。

 

また、メーカーでハードディスクを交換する場合、

かなり高い金額を請求されるケースがほとんどですが、

札幌パソコンかけこみ寺では、適切なハードディスクを可能な限り安く仕入れ、

交換増設により容量アップやスピードアップを図ることができます。

 

→ お問合せ・ご依頼ページ

→ 札幌パソコンかけこみ寺パソコン修理のご案内ページ

→ PCトラブル・修理内容のページ

→ 札幌パソコンかけこみ寺の料金について