Uniblueというメーカーのソフトが急に表示される!

詐欺ソフトUniblueの削除

昨今、このUniblueというメーカーのソフトが、いつの間にかパソコンに入り込み

パソコンを起動する度にソフトや広告が表示され、

パソコンにエラーがあると不安を煽り、有料版の購入を薦めてくるという被害が増えています。

しかし、実際にエラーなどは存在するのかも怪しく、

むしろ、このソフトが入り込んだがために、パソコンの動きが遅くなったり、

動作が不安定になるという、迷惑極まりない詐欺ソフトと言われています。

 

Uniblueという会社とソフトの種類

このUniblueという会社ですが、一応はヨーロッパはイタリアの南、

マルタ島にあるソフト開発会社のようで、ホームページには

Microsoft Patnerと、あたかもマイクロソフトのパートナーですと表示していますが、

マイクロソフトの安心できるソフトでもなんでもありません。

このUniblueのソフトの種類ですが、以下の様な種類があります。

Powersuite 2014

SpeedUpMyPC 2014

PC Mechanic

DriverScanner 2014

MaxiDisk

SystemTweaker

RegistryCleanerKit

Machanic

 

Uniblueソフトの感染経路

いつの間にかパソコンに入り込んでくる、これらUniblueのソフトですが、

ほぼ90%以上がインターネット経由で、無料ソフトなどをダウンロードした際に

一緒にダウンロードされてしまうケースが多いです。

特に、巧妙に広告エリアに偽装されたダウンロードボタンを押してしまい、

意図していたソフトとは別なUniblueがダウンロードされてしまうケースも多いです。

 

Uniblueの削除に関して

このソフトや広告の削除は非常に難しく、中には金銭を支払ってしまう方も少なくありません。

コントロールパネルからのアンインストールは不可能なケースが多く、

手作業での削除が要求されます。

このため、パソコンの操作に慣れていない方は、パソコン修理やサポートをおこなっている

プロの業者に任せるのが得策と言えます。