札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

耳鼻科と皮膚科と眼科に行って花粉症の症状も収まりご満悦の住職の大沢です^^;

病院代が・・・(笑)

さて、本日のご予約状況ですが、午前中、出張サービスのため、午後以降のお持ち込み対応が可能です。

ただし、電話でのお問い合わせですが、午前中は、折り返しのご連絡が午後以降の対応になる可能性が高いです。

明日以降のご予約は通常通り可能ですので、お電話、メールにてご相談ください。

TEL011-596-9914

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

中古パソコンと新品パソコンはどっちがお得?

よく、「中古のパソコンは売ってないの?」「新品と中古どっちがいいの?」と聞かれるのですが、パソコンかけこみ寺では販売をおこなっていないことと、パソコンは新品を買ってくださいとオススメしています。

今、中古パソコンとして流通しているパソコンは、だいたい5年落ち付近が一番多いと思いますし、そのくらいのパソコンがお買い得な感じがする価格帯になっているのですが、一番の問題が皆様の大事なデータをパソコン内で保存してあるハードディスクの耐久年数です。

この日記で日々の修理内容をご紹介していますが、「ハードディスクが壊れた」というケースは非常に多く、持ち込まれるハードディスクの多くは購入してから約5年経過したものが一番多い状況で、一般的にも「ハードディスクの寿命は約5年」と言われています。

「寿命が約5年」というのは、5年経ったら必ず壊れるというわけではなく、平均値を取ったものですので、10年使ってなんともない方もいれば、1年で壊れる方もいて千差万別です。

ただ、経験上、4年から7年のハードディスク(パソコン)が修理対象になるケースが多いので、寿命5年というのは、あながち間違ってはいないと思います。

前置きが長くなりましたが・・・中古パソコンのお話しに戻ります。

一番お買い得な感じがある5年落ちパソコンですが、では、中のハードディスクはどうなっているの?新品に交換されているの?といえば、ほとんどのケースでそのまま流用されています。

ハードディスクには健康状態が記録されている自己診断機能S.M.A.R.T.というものが搭載されているので、これを調べると、ハードディスクの健康状態がある程度分かるのですが、この状態が上の写真のように「注意」、つまり、なんらかの不具合を抱えている状態で中古パソコンとして売られているものも少なくありません。

実際に「中古パソコンを購入したが、どうも調子が悪い」という相談も多く、調べてみると、このS.M.A.R.T.の値に異常を抱えているケースがほとんどです。

ただし、上の画像のように「注意」が表示されているからといって、必ずしもハードディスクがダメになっているというわけではないので、問題は、ハードディスクの状態がダメになっているという基準値をどこにおいて販売しているかが重要になっています。

そんなわけで、中古パソコンにはハードディスクという寿命5年の問題があるので、正直、中古パソコンを買っても、ハードディスクが新品に交換されていないのであれば、あとどのくらい使えるの?ということを考えると、オススメはできないです。実際に中古パソコンの保証はあっても1ヶ月。1年以内に壊れたとご相談に来る数多くのお客様を見てきていますから・・・

では、新品はどこで買うのがオススメなの?という話ですが・・・

長くなったので、また次回・・・