札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

3連休は皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?住職の大沢です。

さて、今日のテーマはPCで認識されなくなったバッファロー製の外付けハードディスクの修理日誌ですが、その前に本日のご予約状況です。

本日は午前から午後にかけて混み合っておりますが、夕方以降は空きがございます。

明日以降は今のところ空いておりますので、出張サービスやお持込をご希望の方は、まずはご相談ください。

TEL 011-596-9914
(住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります※時間指定不可)

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

認識しなくなったBUFFALO製外付HDD HD-CE500U2のデータ復旧

最近、このモデルの故障相談が多いです。バッファロー製HD-CE500U2です。

ただ多いと言っても、このハードディスクが他のものより壊れやすいというわけではなく、年式的にも古く、そろそろ寿命かなという理由がほとんどで、今回のPCと急に認識しなくなったというケースも寿命が原因です。

問題は寿命と言っても、どの部分が寿命を迎えて壊れたのかということ。PCと認識しなくなった場合、パソコンとハードディスクを繋ぐ接続基盤が故障している場合と、ハードディスク本体に問題がある場合と原因が2つに分かれるため、どちらの故障かをまずは検査する必要があります。

このとき、接続基盤の問題であれば、ハードディスクを取り外して、ハードディスク本体に問題がなければ、比較的軽症扱いのデータ復旧となります。

問題はハードディスク本体に問題がある場合で、こうなると、4段階あるディスク障害の中で、レベル2以上が確定し、最悪、最も重症のレベル4の可能性もあります。

きちんとハードディスク検査を行えば分かるのですが、よほど異音がしているなどの症状が出ていない限り、お電話やメールでの相談だけでは症状を特定できませんので、必ず検査が必要となります。

弊社の場合、検査お見積までは無料ですし、よくある作業途中での追加料金はありませんので、お気軽にご相談ください。