皆様、ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

札幌パソコンかけこみ寺の大沢です。

昨日はホワイトデーでしたが、奥さんと娘にクッキーを買って帰るのを忘れました(笑)笑い事じゃないんですが・・・^^;

さて、今日の予約状況ですが、午前中は埋まっているため、午後からのお時間ですとお持ち込み可能です。

なお、今週のご予約状況ですが、明日が埋まってきており、ご予約できるお時間に限りが出てきています。金曜日のほうが空きがございます。

お急ぎの場合はお電話にてご相談下さい。

TEL011-596-9914

その他、メールでの各種お問い合わせはご依頼は下記のとおりです。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

なお、メールでの出張サービスやお持ち込みのご予約は、お申込いただいた日から3営業日以降の日時にてお申し込み頂く必要がございますので、ご注意下さい。

ネットワークHDD(LANDISK)ランサムウェア感染データ復旧

ここ1,2年で増えているのがランサムウェア。身代金要求型ウイルスに感染したというお問い合わせです。

特にパソコン1台だけではなく、LANで接続するネットワークディスク(NAS・LANDISK・TeraStationなど)が接続されている場合は、その内部のデータも感染し、会社のバックアップしていた全データが見れなくなったというケースも少なくありません。

このウイルスに感染すると、パソコン内のWordやExcel、写真や動画などの主要ファイルに鍵をかけられてしまい、パスワードを入れないと見ることができなくなってしまいます(暗号化)。パスワードはお金を振り込まないよ教えてもらえず、大切なファイルを人質に取って、身代金を要求していることに似ていることから、身代金要求型ウイルスと呼ばれることがあります。

お問い合わせ内容としては、ウイルスの駆除をご相談されますが、このウイルスは感染したウイルスを駆除してもファイルを見ることはできないままで、パスワードが必要なことに変わりなく、パスワードを解析できるかというと、膨大な英数列で構成されたパスワードのため、ほぼ解析は不可能です。

お金を支払うという手もありますが、調査によるとお金を払ってパスワードを教えてもらった人は少ないらしく、ただ単にお金を持ち逃げされるケースが多いようです。

このため、ランサムウェアに感染してしまうと、正直、手のうちようがない。というのが現実です。

ただ、一部の古いランサムウェアは、犯人が逮捕され、パスワードが明らかとなっている場合があるのですが、それは数あるランサムウェアの中でもごく僅かです。

札幌パソコンかけこみ寺でもランサムウェア感染のご相談をよくいただくので、パスワード解析などの根本的解決はできなくとも、暗号化前のファイルの痕跡から、元のファイルを復元する作業をおこなっています。

1個1個のファイルの痕跡を辿り復元しなくてはならないため、このデータ復旧作業はかなり困難で時間もかかり、パソコンの利用状況に応じて復元できる可能性も率としてはかなり幅があるのですが、大切なファイルが復元できた!と喜ばれることも多いです。

ランサムウェア感染でどうしてもお困りの際は、是非、ご相談下さい。