パソコンキーボードに水やジュースをこぼした場合、

一般的には、内部に侵入した水分を乾燥させる必要があります。

その際、ドライヤーなどで高熱乾燥をさせると、

内部の基盤の故障に繋がる場合があるので、

自然乾燥が望ましいといえます。

 

乾燥後、通常通りパソコンが起動するようになるケースもあるのですが、

乾燥後も動作に不具合が生じる場合があり、

ジュースなどの場合は乾いても糖分が付着し、

分解修理や部品の交換が必要な場合があります。

その場合、中に残されたデータがあるのであれば、

データを救出するデータ復旧によって

大切なファイルを取り出す必要があります。

 

また、パソコンを落としたなどの理由により、液晶画面が割れたり、

内部の基盤やハードディスクが故障した場合は、

交換などの修理が必要となり、

メーカー修理だとかなり高い金額を請求される場合が多いです。

 

札幌パソコンかけこみ寺では、故障状況に応じて修理金額の見積もりを出し、

多くの場合、メーカー修理よりもお安い金額を提示することができます。

 

→ お問合せ・ご依頼ページ

→ 札幌パソコンかけこみ寺パソコン修理のご案内ページ

→ PCトラブル・修理内容のページ

→ 札幌パソコンかけこみ寺の料金について