札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

早朝からスポーツジムに行き、気づいたら開店時間ギリギリで焦ってこの文章を書いている住職の大沢です^^;

本日の修理日誌ですが、札幌市内出張依頼で0xc000000fブートエラーが出たWindows7の修理依頼のお話ですが、その前に本日のご予約状況です。

本日は午後のお時間で出張サービスのご予約が入っている以外は通常予約可能です。

TEL 011-596-9914
(住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります※連絡時間指定不可)

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

0xc000000fブートエラーが出たWindows7の修理

0xc000000fブートエラーが出たWindows7の修理ですが、このエラーが出た際に「Windowsインストールディスクを用意しろ」とか「コンピューターの修復を選べ」とか書いているんですが、正直、話はそう単純ではないケースがほとんどです。

今回の札幌市内のお客様も、この手順を見るとWindowsインストールディスクがあれば解決しそうだけど、手元に無いということでのご依頼でしたが、インストールディスクがあっても簡単には修復できないケースでした。

インターネットで0xc000000fエラーの解決方法を調べると、「Windowsインストールディスクを挿入してスタートアップ修復で直る」ですとか「コマンドプロンプトでbootrecコマンドを使って修復」ですとか書いてありますが、それらは「その方法で直ったから言える」というだけで、数多くのブートエラーを取り扱っていますが、この2つの方法で修復できるのは全体の5割か6割位だと思います。

スタートアップ修復で直れば一番ラッキーですが、多くはコマンドプロンプトでブートプログラムを修復しなくてはなりませんが、bootrecコマンドだけで直るというPCも多いとはいえず、状況に応じて別なコマンドを使う場合もありますし、修理が無理なのでデータ復旧をしようにも、そもそもパーティションが認識されていなければ、パーティションを回復させなければデータ復旧すらできない状況の時もあります。

0xc000000fブートエラーについては、一般の方では手に負えないケースが多いかもしれません。