パソコン修理と設定サポート、各種データ復旧の札幌パソコンかけこみ寺ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

夏休みでダラける娘に朝から喝を入れてきた住職の大沢です^^;

さて、本日はデータ復旧などの後、よくお客様から質問される「パソコンを捨てるとき」のお話ですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

本日は通常営業の予定ですが、一部時間帯、出張サービスで不在にいたします。

なお、明後日から夏季休業期間となりますので、お預かりが必要な修理、データ復旧はお時間を頂く場合がございますので詳しくはお問合せください。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ http://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 http://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 http://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について http://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

起動しないWindowsXPノートPCのデータ復旧

さて、不要になったパソコンの処分ですが、特にお客様が心配されるのは中のデータです。

捨てた際に、中のデータを盗まれたりはしないか?そういったご質問をよくいただきますが、そのままですとデータを盗まれる危険性は大いにあります。

ちなみに、パソコンの処分方法ですが、PCリサイクルマークが付いているパソコンはメーカーに連絡して回収してもらうことができます。

リサイクルマークが付いていない場合、パソコンは小型家電リサイクル法の対象になりますので、回収指定店である家電店などで回収して貰う必要があります。

他にも、民間の回収業者が設置しているリサイクルボックスや、市役所など自治体でリサイクルボックスを設置して回収をおこなっています。

https://www.env.go.jp/recycle/recycling/raremetals/attach/pub_pamph1303-1.pdf

さて、パソコンを回収してもらった後、中に残ったデータはどうなるのか?というところですが、一応、回収後、リサイクルされる過程でデータも消去されるとは言いますが、人の手を介する以上はデータが盗まれる危険性というのは必ず残ります。現に、パソコン回収業者のアルバイトがデータを盗んでいたという事件も発生しています。

こういった事に巻き込まれないためにも、データを消去してから処分することが重要になりますが、パソコンのデータはゴミ箱に入れて削除しただけでは、プロの手にかかれば簡単にデータ復旧されてしまいます。

完全に復元できない前データを削除するには、データの完全削除プログラムを使い、乱数や0で上書きを繰り返して復元できないまで削除するか、ハードディスクのディスクを物理的に破壊する必要があります。

完全削除ですが、家電店にも専用のソフトが置いてあり、ちょっとパソコンが詳しい方でしたらこれを使ってデータの完全削除ができるのですが、ご自身ではできない場合、札幌パソコンかけこみ寺でも完全削除サービスをおこなっており、プロでもデータ復元できないレベルまで完全にデータを削除していますので、ご相談ください。