札幌パソコンかけこみ寺のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

作業スペースを増やすため、事務所改装を画策している住職の大沢です。

札幌パソコンかけこみ寺を開いて6年目。今の事務所に引っ越して2年目なのですが、おかげさまでお持ち込みいただくケースが非常に増えており、作業スペースが足りない状況が続いております。

雪が降る前になんとかしたいのですが・・・・

と、ここでそんな悩みを打ち明けてもアレですので^^;、本日のご予約状況をお伝えしたいと思います。

本日は出張、お持込ともに混み合っており、本日の対応をご希望の場合、時間帯によってはお持ち込みが可能です。

詳しい空き時間につきましてはお電話にてご相談ください。

なお、明日から3連休となるため、出張サービスは最短で来週月曜日以降となります。

メールでのお問合わせ https://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 https://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 https://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について https://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

フリーズするSONY一体型パソコンPCG-2Q2Nの分解とデータ復旧

SONY一体型パソコンPCG-2Q2Nも含めて、この頃のPCは年式も古くなってきているので、動きが遅くなった、フリーズするといった症状でのご相談が多くなってきています。

正直、Vista時代のPCでフリーズが頻発するとなると、ハードディスクが物理的に損傷しているケースが多いです。

さて、まずは分解ですが、裏面のゴムパッキン14箇所を外して、ネジはずし。加えて底面のゴムパッキン4箇所を外してネジはずし。

あとは縁の隙間からプラスチック製のヘラを入れて爪を外していくだけです。

ツメ外しは少々コツがいるのですが、そんなに深いツメじゃないので難易度はさほど高くないと思います。

さて、今回のフリーズの原因ですが、ハードディスクを検査してみるとSeek Error Rateが異常なほど高い数字に。

こうなると磁気ヘッド損傷の可能性が出てくるのですが、まだ読み込みはなんとかできている状況なので、そのままデータ復旧。

フリーズや動きが遅くなった場合、そのままなんとか使っていく方も多いのですが、ハードディスクの物理的損傷が原因の場合、使えば使うほど悪化して、最終的には重度の物理障害を発生させ、データ復旧の費用が一気に上る場合も多いのでご注意ください。