パソコン修理と設定サポート、各種データ復旧の札幌パソコンかけこみ寺ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

ようやく風邪が良くなった住職の大沢です(*´ω`*)

さて、本日のお話は、PCに挿すと「フォーマットする必要があります」と表示されて認識されないUSBメモリーのデータ復旧のお話ですが、その前に本日のご予約状況をお伝えします。

本日は17時閉店になります。

ご予約につきましては一部時間帯を除き、通常予約可能ですので、空き時間等についてはお問合せください。

TEL 011-596-9914
※住職不在の場合は、受付にて折り返し連絡のご予約となります
※折り返しの連絡の時間指定はできません。営業時間外の折り返し連絡はできません。

メールでのお問合わせ https://www.pc-kakekomi.com/contact/

メールでの札幌市内出張サービスご依頼 https://www.pc-kakekomi.com/pc30muryou/

メールでのお持ち込み予約 https://www.pc-kakekomi.com/motikomi-pc/

郵送修理・データ復旧について https://www.pc-kakekomi.com/takuhai/

フォーマットする必要がありますと表示されるUSBメモリーのデータ復旧

さて、過去に何度もご紹介した「フォーマットしますか?」表示のUSBメモリーです。

修理といいますかデータ復旧になりますが、内部の基盤に問題がなければ、充分にデータ復旧の可能性があるのですが、稀にデータ本体の損傷がひどく、表面上は復旧できたに見えても開いてみると文字化けしたデータとなってしまい、復旧できないケースがあります。

通常、このケースのデータ障害の場合、保存されているデータを管理するファイルシステムが破損したために、目次が無くなったバラバラの本のようになってデータがどこに有るか分からなくなる症状が多いのですが、この目次部分であるファイルシステムが破損する際に、何らかの原因でファイル本体も破壊される場合があります。

席を立って戻ってきたら急におかしくなっていた、というお客様も多く、原因としては急に抜いたといった外的要因以外にも、静電気や過電圧、基盤のメモリーチップやコントローラーの劣化も考えられます。

特に、コントローラーの劣化による誤作動は、メモリーへの読み書きに致命的な不具合を残す場合があり、アクセスする度にデータが破壊されてく危険性もあります。

もし、フォーマットしますか?と表示されたら、何度も抜き差しを行わず、速やかに札幌パソコンかけこみ寺へご相談ください。